スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIGE10P前後ランセレ大会 part9


わからない人のための解説

邪神のエターナル・ファイナリティは親捏造を使っている技なのですよね
通常はライフを強制的に1にしてパワーも0にするだけというレベルなのですが
敵対度6500以上でpalnoとlifemax弄りが追加される鬼畜仕様だったりする
敵対度7500以上でそのままライフを0にするようになる
フライング感知で邪神の敵対度が7500まで上昇するので
グスタフは親捏造による弱体化と即死を同時に受けていたということになります

つまりグスタフは1Pのまま3ラウンド目を戦わなくてはいけなかったので
そのままフルボッコにされたというわけ

ちなみに邪神の攻撃は敵対度によって解禁されていくけど
基本的にランダム選択なので結局は運です
仮に使える状態であった場合でも
1ラウンド目のように普通の攻撃のみしてくることあったりします
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。